レーシングカーのボディを纏った
ALL CARBON BODYパター登場

The Chamber Putter

CARBON FIBER CONSTRACTION カーボンファイバー

Technology

・ 世界初のオールカーボンボディ
超軽量で高剛性のオールカーボンボディがもたらす最大の特徴は重量配分。
本体のカーボン部分はヘッド重量の10%にしかすぎず、90%がウエイトで構成されています。

・ 最大のスィートスポット
ヘッド重量の90%をボディ周辺に配置し他には類を見ないスィートスポットを実現しました。

・ 可変ウエイト
ソールに配置された可変ウエイトは2種類。アルミとタングステンのスクリューウエイトで慣性モーメントを変更することが可能。個々のストロークに応じて調整することができます。

Performance

・ 比類なき直進性を達成
THE CHAMBER PUTTERの特徴は
世界最大級のスィートスポットがもたらす直進性です。
パターの弱点であるヒールヒット時においても
THE CHAMBER PUTTERは直進性を保ちます。

※THE CHAMBER PUTTERは3mの距離では
ほぼ直進性を保ちます。

Spec

・ ロフト 1.5度
・ ライ角 71度
・ ヘッド素材 カーボン
・ グリップ重量 75g
・ シャフト重量 120g
・ フェースバランス
・ フェースインサート ナイロンポリマー
・ ヘッド重量 約363.5g(スクリューウエイト含まず)
・ 可変ウエイト アルミ1.8g/タングステン12.4g
・ 総重量 約550g(スクリューウエイト含まず)

   
  • 1/4インチ オフセンターのトゥインパクト位置

  • センターインパクトの位置

  •      
  • 1/4インチ オフセンターのヒールインパクト位置

Professional

  • Lexi Thompson

    LPGAツアーアメリカ人女子プロゴルファー
    世界ランク10位米国11勝(メジャー1勝)日本1勝(メジャー1勝)(2019年時点)
    2010年6月、15歳126日の若さでプロ転向し、ミッシェル・ウィを抜いて史上
    最年少記録となった。翌2011年には、16歳7ヶ月で「ナビスターLPGAクラシック」
    を制し、ポーラ・クリーマーが樹立した最年少優勝記録(18歳9カ月)を大幅に
    更新。次々と年少記録を塗り替えた。
    2014年には19歳57日でクラフトナビスコ選手権に優勝。

  • JIWON JEON

    LPGA 2020ツアールーキー韓国人プレイヤー
    ワールドアマチュアランキング6位(ベストランク3位)
    2017NJCAA Player of the year
    2019年のQスクールを16位となり、プロ転向。20-21シーズンをツアールーキー
    としてLPGAで戦います。

Developer

  • Owner

    Joe Louis Barrow, Jr.

    ジョーバロー氏のビジネス、マーケティング、公共サービスでのキャリアは
    45年以上に及びます。バロー氏はかつて世界で初めて4点式ツーショルダー
    ベルトを開発、導入したIZZO Systemsの社長で、若者がゴルフのゲームと
    その固有の価値観を利用しやすくするというコンセプトのThe First Teeでの
    最高経営責任者の経歴の持ち主です。

  • Designer

    Vikash Sanyal,
    Managing Director

    Sanyal氏はゴルフ業界で30年近くの経験を持ち、その大半はパターを専門に
    手掛けてきました。 彼は3つのパター会社の立ち上げに携わりました。
    ODYSSEYがゴルフ業界のNo. 1パターとしてマーケットシェアをゼロから50%
    以上まで上昇させる上で重要な役割を果たし、また市場占有率で当時3番目の
    NEVER COMPROMISE GOLFを創立時からのメンバーでした。
    ハッピーパターを作ったブレインストームゴルフも創設しています。